2人の男性医師

1人で悩まずお医者さんと一緒に頭痛を病院で治しましょう

伝えたいこと

男性患者とナース

頭痛の痛みや苦しみというのは、実際に頭痛で苦しんでいる方にしかわからないものです。頭痛を病院に通って治す場合でも、中々自分の苦しみを理解してもらえないということで、更に悩まれてしまうこともあるようです。

Read More

医師にも相談しよう

おでこを触るウーマン

激しい運動後に筋肉痛になったり、変な姿勢を続けていて腰を痛めたり、転んで膝を擦りむいた時の痛みというのは原因がはっきりしています。しかし頭痛は様々な条件が積み重なって痛みを生じさせていることが多く、中々頭痛の原因を突き止めるのが難しい場合があります。ただ、頭痛の原因としてかなりの位置を占めているのがストレスです。ストレスは体の様々な変調の原因になっているので、まずはそのストレスを取り除くことが頭痛の原因を取り除く第一歩と言えます。しかし、中々それを自力で行うのは難しいのです。そこで、頭痛も病院に行ってお医者さんと一緒に治すのが効果的です。頭痛で病院に行くというのは大げさでは無いかと思われるかもしれませんが、確実な治療のためにはお医者さんの力が必要になる場合もあります。

頭痛を病院に行きつつ治すのは、人によっても様々ですがいきなり完治するものではありません。少しずつ原因となるストレスなどを減らしていった上で、初めて症状が改善されていくのです。では、完治するまでの頭痛については放置しておくしか無いのでしょうか。その場合は病院で頭痛薬をもらっておけば、症状を一時的にせよ抑えることができます。頭痛を病院で治すためには、これらの対症療法と合わせて行っていくことも必要でしょう。

頭痛を病院で治すとき、それまでのようにストレスを取り除いたり、痛み止めで症状を軽減緩和したりするだけでなく、新しい治療を行うことが出来る場合があります。それがTMSと呼ばれるものです。病院での頭痛治療の中でも実は長い歴史を持っていて、10世紀頃から脳に刺激を与える治療法として記録されています。その後、設備の高度化や医療としての理論が確立されて現在、病院での頭痛治療以外にも様々な医療用途で用いられています。

原因を突き止める

相談

頭痛はできるだけ早い内に解決をしてしまいたいものの一つですが、原因が分からなければせっかく病院に通っても治すことが難しいものです。そのため、まずはなぜ頭痛が起きているのかを探ることが重要です。

Read More

薬の上手な使い方

先生とナース

頭痛の治療といえば代表的なのが頭痛薬を飲むということですが、実は単に痛みを一時的に和らげているだけのことも多いです。また、飲み方次第では更に頭痛を促進することにもつながってしまうのでまずは病院で相談しましょう。

Read More

薬だけに頼らない

病院

薬に対して耐性が付いて依存をしてしまうようでは、健康な生活をおくることも難しくなると思います。近年は薬を使わず、頭痛を病院で治すことができる環境も整ってきています。

Read More