女性看護師

1人で悩まずお医者さんと一緒に頭痛を病院で治しましょう

伝えたいこと

男性患者とナース

そもそも、病院に通いながら頭痛を治そうと考えた時、一番必要なのは自分の症状をうまく伝えて治療の最短ルートを見つけてもらうことです。しかし、その為には私達も頭痛の種類や痛み方を知らなければいけません。また、頭痛がいつごろから発生しているのか、いつも何時頃に痛むのかを知っておく必要があります。その他にも頭痛薬をはじめとする他の既往症の治療のための薬飲用状況などを伝えることです。これにより医師は何が原因なのか、どのくらいの痛みなのか、治療方針をどうするかが定めていくことがやりやすくなるのです。頭痛を病院で治すなら、まずは自分の症状をよく知ることです。

頭痛は多くの人が頭痛薬を飲んでやり過ごしてみたり、あるいはそれほどの痛みでなければ無視して我慢してみたりとその場しのぎの方法を取る方が多いようです。しかし、それらはあくまで一時しのぎです。そんなことをいつまでも続けたくないと思うのは多くの方の共通認識でしょう。たかが頭痛で病院へいくのは大げさだと思っている人が意外と多いようです。また、病院だと頭痛で診療してもらえないのではないかという方もいらっしゃるかもしれません。しかし頭痛を病院で治すことができれば、今まで自分を苦しめていた頭が綺麗さっぱりと改善するならこれほどいいことはないでしょう。

頭痛を病院で治そうと思ったら、まずはどこに行けばいいか迷うと思います。頭痛でお悩みの場合、まずはかかりつけの病院で大丈夫でしょう。そこで症状が改善されない場合は、別の医者を紹介してもらいましょう。病院で治療を受ける利点は、市販されていない効き目の強い頭痛薬を処方してもらえる場合があります。トリプタン系の頭痛薬はその代表で、頭痛を病院で治そうという時の強い味方になります。トリプタン製剤は特に市販の頭痛薬が効かない偏頭痛に対して強い効果があるとされているため、頭痛を病院で治すために必須のものとも言えます。最初から大きい病院にかかるのであれば、頭痛外来という専門の診療科目が設置されていることもありますが、そうでない場合にはまずは内科に相談してみましょう。

頭痛で病院を受診するのに、精神科に行かなければいけない場合があります。不思議に思われるかもしれませんが、頭痛はストレスにより発生していることも多いため、精神面のケアが必要なことも多いからです。また、頭痛の原因が虫歯や目の疲れなど別の原因からくる頭痛なら、それぞれの専門診療科の診断を受ける必要があります。頭痛の解消のためには、医療科の選択も重要になります。頭痛だけに、頭に原因があると考える人も多いのですが、頭痛を治すためには原因を特定する事が非常に大切です。